見つからなかった薬剤師の企業の求人を獲得した方法

土日休みの職場への転職

企業への転職を考えたのは安定して残業がない勤務時間が設定されている点や、福利厚生が充実している点に魅力を感じたからでした。
病院に勤めていたのでサービス残業を当然のように行っていて、休日勤務も多く、夜勤もときどきあるという不規則さに悩まされていたのが事実です。
もっと楽に働けるようになりたいと考えたときに、勤務時間が安定している調剤薬局も候補に挙げましたが、夫との関係を考えると土日が休みなのが望ましいと感じました。
多くの調剤薬局では土日の片方は少なくとも勤務日になってしまっていたので、それも回避しようとすると企業が適していると考えたのです。
薬剤師の資格を武器にして転職できるかどうかと求人情報を見たところ、ほんのわずかにしかないだけでなく、仕事内容についてもぼかしてあってよくわかりませんでした。
これは難しいかもしれないとも感じましたが、同じ病院に転職してきた人がいたので、そのときの転職活動について話を聞いてみて活路が見出だせました。
転職エージェントに話をすれば見つけられる可能性があるかもしれないという提案をしてもらえたのです。
彼女の場合にも確かに難しい転職を実現したのは本当のことでしょう。
私が勤めていた病院は地元でかなり人気の高い病院であり、就職活動のときにも競争に何とか勝って採用してもらえたのは確かです。
転職で採用してもらおうとしても極めて狭い門だったのは想像できることでした。

土日休みの職場への転職「最大限のサポートをします」エージェントの心強い一言MRとしての新しい一歩